理想の出会いは何?恋人セフレ愛人不倫


どんな出会いも叶えてくれる出会い系サイトは活況を帯びています。
最近は出会いアプリの登場で若い女性に大人気になっています。GPS搭載出会いアプリもあり便利に気軽に使えるのがみりょくです。
出会い系サイト、出会いアプリの使い方や出会うコツなどを次に解説していきます。

セフレ募集サイトや出会いアプリでの下ネタは出しどころ

出会い系サイトなどでセフレを募集する際に、プロフィールなどの基本情報、どうしていますか?「せっかく書いているのにぜんぜん応募が来ない!」なんて嘆いている人におすすめの方法やちょっとした小技をご紹介したいと思います。

プロフィールの時点でちょっとしたネタを入れてみる

通常、プロフィールと言えば、自分がしたいプレイや性癖などを明記すると思いますが、バカ真面目に書いていてもスルーされてしまうことが多いのです。あなた以外にもたくさんの人が募集を掛けている訳ですから、少しでも目に留まるようなプロフィールをつくる必要があるのです。目につきやすいプロフィールにもさまざまあります。

タイトルとなる一番最初の部分に記号を使ってみたり、目を引くような言葉を入れてみたり、ちょっとした下ネタを入れてみたりなどなど。下ネタが一番目を引くと言われていますが、その時点で女の子が引いてしまう可能性もあるので、使い慣れていない人には少しハードルが高くなるかもしれません。

また、今世間で流行っているネタを組み込んでいくのもポイントです。時事ネタな芸人のギャグをもじったものなどを使うことで、流行に明るい楽しい人、と思われる可能性が高いです。しかし、同じようなネタを使っている人が居たらパクリに見えてしまう可能性があるので、やめておいた方が得策です。また、時事ネタは鮮度が命ですから、新しいネタが出てきたらすぐに切り替えることが大切です。「そのネタもう古いよ」なんて言われないように注意しましょう。

下ネタの使い方

セフレの募集サイトでは意外とノープランで使われがちな下ネタですが、直接的なネタはあまり好まれないというところもあります。名目上真剣なお付き合いを目的としているサイトであれば、そういったネタを入れただけでNGなんてこともおかしくはありません。

下ネタを入れて気を引きたいと思っている場合は、使いどころを見極めましょう。プロフィールに直接的な単語を羅列するよりも、詩的に表現した方が女性が喜ぶと言われています。若い子が相手の場合はなかなか直接的な表現を嫌う傾向にあり、熟女など年齢が高い人だと、直接的な方が喜ばれる、なんてこともありますので、相手が下ネタOKなのかNGなのかを見極める力も養っていかなければいけません。

そのため、プロフィールに書くのは、ネット上では良く見るような表現にとどめておき、実際にコンタクトを取ってきた場合には、ちょっと踏み込んだ感じの下ネタにしてみましょう。そして、相手の反応を見てやりとりを進めていきましょう。

出会いアプリは人気がありますがアダルトカテゴリーが無いことが残念な点

さて、最近は出会いアプリを使う10代女性が増え、それを目当てに男子も増えて出会いアプリは活気にあふれています。
ちょっと注意点ですが、アプリ版はアダルトカテゴリーの設置がNGなんです。

なぜアダルトカテゴリーがないのか?

ズバリ、AppストアやGoogle Playなどの公式ストアの審査にパスできないからです。

公式ストアでは審査に通らないものや、通過後でも不適切と判断された場合は、リジェクト(公開中止)されることになります。これは、アプリの健全化を目的としていて、機械的な審査と公式ストア側のスタッフによる審査が導入されています。

  • 露骨な性表現を含むコンテンツはNG
  • 広告もアプリの一部とみなされるため、アダルト要素を含む広告などがある場合はNG

でも安心してください。
表向きはアダルトNGですが、実際に使うユーザー次第になります。
真面目な恋人探し系のカテゴリー内で出会ったとしてもヤるヤらないは当事者次第であるし、
アプリ内の掲示板で結構エグいやり取りは盛んです。ユーザーもわかっていますから適当な掲示板からガンガンH目的でアプローチしていますよ。
むしろアダルト色を排除したおかげで女性が増えたので出会い易くなりました。

女を騙すサクラ・詐欺の対処法について

出会いサイト・アプリは以前より安全になったため女性ユーザーも増えていますが、残念ながらトラブルも一応発生しています。
素敵な出会いの前に面倒に巻き込まれたら気分が萎えます…。
次に女性客をターゲットにする悪質な出会い系サイトによる詐欺から身を守るための対処法などをお話していきたいと思います。

「援助・支援をします」には注意!

某会社の重役であったり社長と名乗り、お金を工面してあげるという類のメールがあった場合、それは十中八九サクラである可能性が高いです。
もう少し、後もう少しだけサイト内でメールしていれば、きっとこの人が私を助けてくれる…。
その思いから、多額の料金を支払って出会い系サイトを利用している女性は少なくありません。
また、出会い系サイトで利用した分のお金もサポートするというフレーズも上記と同じように注意をしなくてはなりません。
サイトに留まってもらい、お金を使ってもらいたいという運営側の策略です。

 イケメンに注意!

100%とは言い切れませんが、サクラの可能性が非常に高いです。
もちろんこれも、サイトに留まってもらいお金を支払ってもらうための策略です。
また、このイケメンの場合も、上記でお話した援助・支援などのような話をしてくることもあります。
要は、どんな手を使ってでも信用させお金を支払わせれば勝ちという運営側の手段の1つに他なりません。

 出会い系サイトによる副業に注意!

最近、出会い系サイトの被害に合われている女性で最も多いのがこのケースです。
先ほどまでお話してきた援助・支援とは異なり、自分で稼ぐことのできるというフレーズです。
先に結論を言いますが、これは上記2つとなんら変わりありません。
手口はこうです。
癒しを求めているVIPな男性たちにメールをするだけのお仕事で、その男性たちから援助・支援をしてもらい稼ぐというシステムとうたっています。
結局は最初にお話したことと全く同じもので、稼ぐためには出会い系サイトにポイントを購入してメールを送らなければなりません。
初期投資として出会い系サイトのポイントを購入するお金は必要になりますが、リターンはそれ以上になるからというフレーズで登録させるのが手です。

 利用規約を確認する

これはどの出会い系サイトを利用するにも通じることになります。
悪質な出会い系サイトの場合、利用規約にサクラを容認するような記載をしていることがあります。
つまり、その規約に同意してサイトを利用しているのですからサイト側には何の責任を負う必要がありません。
事実、こういった詐欺の被害に合われている女性方は利用規約を確認せずに登録してしまっている方ばかりです。
もちろん直接的に「当サイトはサクラがいます」などといった記述はしてありません。
男女比を保つためのシステムを導入しているなどの記載があれば、それはサクラであるということです。
稼ぎたい!援助してもらいたい!そういった人間の欲につけこんだ悪徳商法なのです。
面倒な気持ちもわかりますが、被害に合ってからでは遅いのです。
優良な出会い系サイトで素敵な出会いを求めるのであれば、必ず利用規約の確認をするようにしましょう。

 その他の手口や被害の対処法

無料占い診断などに登録したら、なぜか出会い系サイトからのメールが来るようになってしまった…などの経験はありませんでしょうか?そういった出会いとは関係の無いところからでもお客さんを引き込もうとする出会い系サイトはたくさんあります。
そういった占いなどのサイトにも利用規約があります。
きっと提携先にも登録されるなどの記載がされているはずです。
つまり、占いを利用したくて登録しても同時に出会い系サイトなどにも登録されてしまうということです。
また、架空請求などのメールも送られてきてしまうこともあります。
そういったサービスを利用する際は、フリーメールアドレスを入手し、万が一、上記のような被害に合われた際は、そのアドレス自体放棄(放置)してしまえば良いのです。
フリーマールアドレスは誰でも簡単に何個も入手可能です。
本メールアドレスでの利用を避け、フリーメールアドレスで利用し、優良なサービスであれば使い続ける、または本メールアドレスに登録し直しても遅くはありません。

ゆっくりとお互いを知る

79
出会いサイトの有効な利用方法は、あせらずゆっくりと相手のことを知る、そして実際に会ってお互いのことをもっと知るというものです。

相手のことをわからないまま、早く会ってしまうと、会話も続かず、長続きしません。
私の場合もそれで、失敗が続きました。何とかエッチ出来ないかと援交アプリにも手を出したり、焦りもしました。

相手の容姿だけで選び、すぐに会う約束をし、デートしましたが、そのあとの展開はなく、華々しく散るだけでした。

それが何回も繰り返され、自分に自身がなくなり、もう女の子と付き合うこともできないのかと落ち込むこともありました。

それから発想の転換で、出会いサイトを通じて、昔でいう文通、いわゆるメールでのやりとりを長期間行い、お互いに信頼関係を深めてゆき、

そこから実際に会って、デートをして、まじめな恋愛関係に発展し、結婚に結びつけるというものです。

最初は慎重になりすぎて、メールのやりとりだけに終始したところ、相手の方からいつ会ってくれるのか?という質問がくるようになりました。

それから会う約束をして、喫茶店でお茶をしながら、これまでメールでやりとりをしたことを何時間も話しました。
最初のデート終了後、つぎに会う約束もしました。

その後もメールによるやりとりを重ね、何度も何度もデートを重ねました。

出会いサイトというと、ネットを通じてすぐに出会えるというイメージがついてしまいますが、実際は人間同士のつきあいです。
ゆっくりとお互いを知ることが大事です。